本文へスキップ

八王子の鍼灸院。小児はり 今井はり治療院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.042-622-9277

〒192-0054 東京都八王子市小門町17−102

小児はり

 赤ちゃんは、健やかに育って欲しいものです。 赤ちゃんの健康管理には小児はりを、お奨めします。
 小児のはりは、江戸時代(約250年前)からおこなわれている治療で、大正末期より昭和初期には、一般化されました。小児はりは、刺さないはりで、皮膚を刺激しますので、とても気持ち良い、心地よい治療です。このような軽い刺激でも子供に本来備わってる自然治癒力を高めますので、充分に効果があります。
 特に関西方面では盛んにおこなわれてきました。
 小児はりは生後一ヶ月頃から小学生ぐらいまでに適用できます。
 昔は、「虫はり」と言って「疳の虫」を治療するのに、よく行われました。疳の虫とは、現代医学的には小児神経症の一種のことです。
 小児は脳神経の発育と肉体の発育が盛んな時期ですので、神経の発育と肉体の発育がアンバランスになり、それが種々の症状を引き起こしています。
小児はりを行う事によって、神経と肉体のバランスが整った状態で発育していくことができます。小児の健康管理として、定期的に治療を行う事でより良い結果が、得られます。


適応症

疳の虫、夜泣き、不眠、小児喘息、アトピー性皮膚炎、夜尿症、食欲不振、下痢、便秘、発育遅れ、すぐ目覚める・風を引きやすい・虚弱体質など

疳の虫

 疳の虫とは、現代医学に於いては「小児神経症」と呼ばれるもので、短気、イライラ、怒りっぽいといった精神神経症状と、甘い物の過食によって引き起こされる消化器症状で、具体的な症状としては夜泣き、乳吐き、不機嫌、奇声を発する、夜驚症、食欲不振、噛みつくといった症状群の総称です。
この症状に対しては西洋医学に於いても有効な治療法は無いと言われており、「小児はり療法」をお勧めする理由の一つです。

 以下に挙げる症状は、古来より「疳の虫」特有の症状です。いつも子供を見ているお母さんには、見分けが付くので参考にして下さい。
赤ちゃんが次のような顔付きをしていませんか?
 @顔色の変化(青白い)
 A眉間や眼のまわりに青筋
 B髪の毛が逆立っている(疳がきつい時)
 C白目が青い
 D目を開けて寝ている
 E眉間に縦皺がある
 F表情が険しい
これらは疳の虫特有の顔貎です。


鍼灸 今井はり治療院鍼灸 今井はり治療院

〒192-0054
東京都八王子市小門町17−102
    (グルメシティ八幡町店裏)
TEL 042-622-9277
 メール

診療案内 | 治療方針 | こんな症状の方におススメ | 鍼灸治療 | アクセス | リンク
腰痛 | 肩こり | 五十肩 | 坐骨神経痛 | ストレス | 小児はり | 逆子・安産 | サイトマップ